PUR製本

強くて良く開く本、絵本や楽譜、教科書、料理本等、無線綴じでありながら

手で押さえなくても開いたまま置く事が出来る本を作りたい場合、PUR製本

があります。開いたまま置ける本となると、中綴じ製本か、糸かがり製本し

かありませんでした。中綴じ製本にはページ数の制約があり多くのページで

は無理でした。又、糸かがりとなると、16ページ折りや8ページ折りの多面付

オフセット印刷をしなければならず、印刷代のコストが上昇する問題点があり

ました。PURとは、反応性ポリウレタン系ホットメルト接着剤の事です。建築

系、内装材系等で良く使われていた接着剤ですが、環境に優しく、丈夫で柔ら

かく、耐熱性に優れ印刷インキとの相性も良いので、近年製本糊として使われ

るようになりました。従来のタイプのエヴァ糊と比較すると、良い事ずくめの

製本糊に思えますが、コストと手間がかかります。製本工程のスケジュール管

理が重要です。一度熱して溶かした糊は使用後は、破棄します。又、経時劣化

が激しく、短時間で、ブックバインディングしなければなりませんが、糊その

ものは、長い時間をかけて固まって行く為、表紙と本文が接着した時点では、

強度と開き加減を確認する事が難しいと言う難点があります。本は開けば良

いかと言いますと一概にそうとも言いきれず、見開きページで黒い写真が配

置してある場合、中心が開きすぎると、白い糊の部分が見えてしまいます。

これは綺麗ではありません。余白がたっぷりある本だとぎりぎりまで糊を薄く

して、良く開くように調整しても問題ありませんが、絵本や写真集の場合は、

そこの見極めが大切です。PUR製本が効果を発揮するのは、オンデマンドで

印刷した写真集やイラスト集です。水と油が紙に染み込むオフセット印刷は、

印刷後に紙の強度の変化が起きる事はありませんが、オンデマンド印刷では

変わります。オンデマンド印刷はトナーを紙に塗布して200度ぐらいの熱で

固めます。インキ濃度の高い写真集などの場合、両面にそのような加工が

施される為、普通のオフセット印刷に較べて、ハリが出て、固い紙に変化

します。そちらをエヴァ糊で固めると開きの悪い本になります。またイン

キ濃度の高いノドをミーリングするとは言えエヴァ糊で接着するには、容

易に糊が染み込まず、ページが取れたり、本がばらける事故が起きる事が

ありました。PUR製本では、オンデマンド印刷の短所が、カバーされ、より

柔らかいしなやかな本に生まれ変わるのです。