1965 皆勤橋 屋台の飲み屋

2020 年 10 月 23 日

相生は、石川島播磨重工と云う大きな造船所がある町です。瀬戸内の中でも

深い湾が奥まで入り組んでいて戦前から大きな船が進水したり、外国タンカ

ーなどが修繕に入って来ていた処でした。町の人口4万人の処に造船所で働

く人は2万5千人の数を近隣から集める一大産業でした。町と造船所は深い

入江で分けられていて造船所に渡るためには、皆勤橋と云う浮き橋を通りま

す。時々浮き橋は連結を解き船を通します。昔、正平さんの「こころ旅」の

ロケが在ったときにテレビ画面を写した写真なのでモアレが入っています。


皆勤橋のたもと。ここに6年だけ営業した伝説の屋台が在りました。

私のこころ旅、始まり始まり。エスパーはつ=祖母、500人の信者がい

た新興宗教の教祖。鬼の切り込み隊長=父 どもりの和子=母(とんでも

無い家族に嫁いできた竹田の令嬢)ひょうきん者の和子=叔母(エスパー

はつから離れられない末娘)下痢と寝小便のたかし君=私 兄ちゃんばっ

かりズルいと騒ぎ立てるせいこ=妹  明治の中ごろから1975年位ま

でのうちの家族の話を小説にして自費出版しようかなと考えてかなり前か

らそれぞれの時代の本を読んでいたのです。しかし、わが頭の劣化が激し

くて纏める力が無くなり始めている。お金頂いて読んでもらう様な話でも

無し。でも波乱万丈、面白いのは保証します。どこから始めましょうか?

55年前の7尺のグラス。

ふくおか食べる通信 林檎

2020 年 10 月 23 日

去年は林檎の本、林檎の本で盛り上がっていたのですが

今年のコロナ禍で潰えてしまいました。去年の秋取材に伺う予定だった

青木りんご園さんからシーズン初めのリンゴが届きました。昂林です。

福岡の9月はまだ暑いと思っていましたが林檎は出来るのですね。

兵庫県の北部での林檎の生産も苦労したと兵庫食べる通信で知った処

でしたので意外でした。今は品種改良が進んでいるのでどこでも出来

るのかもしれませんね。来年、みすず書房さんから出る写真集、青森

県の工藤正市さんの写真にも林檎の写真が一杯あって何故か知らない

けど私の周りに林檎が集まって来て居る様な気がするのですが、それは

ただ単に私が林檎が死ぬほど好きなだけで、好きだからどこにあっても

見つけてしまうだけですね。工藤さんの写真集はダブルトーンの画像作

成から引き受けているのですが、編集の小川さんから写真集のメイキン

グ日記を書く様に仰せつかっていて、さてどの様に発売まで盛り上げて

いくか思案中です。工藤正市さんの写真は良いですよ。

印刷業界の行方

2020 年 10 月 22 日

上質紙が対前年比(5ヶ月対比)78.7% 教科書や報告書、コピー紙など。

A2コートは、66.3% パンフレット、カタログ、リーフレットなど。

A3コートは、75.4% ここはチラシなどです。新聞は取っていないのでチ

ラシの量が判らないのですが、輪転やさんの廃業のニュースを耳にする割に

はさほど減っていない。

微塗工紙で70.4%この辺りの紙は雑誌、カタログなどで使われます。

キャッシュレス、ペーパーレス、今回のコロナカの中で大きく話題にされ

ているニュースです。ここを省くと様々な経費を浮かせる事が出来ます。

しかし頑なに抵抗してくれている人々がいるので我々、印刷屋は助かって

います。韓国や中国の印刷屋は元々少なかったが為に一気にデジタル化に

行ってしまった。紙の種類の販売数量で大きな経済の動きが掴めます。

板紙、コート白ボール、等は85%位なのでそれほど落ちていません。こ

れらはパッケージに使われます。GO TO関係で少しづつ経済動き出すかな?

と云う流れの中で、オリンピック中止と云うニュースが飛び込んできまし

た。来月バッハ会長の口から発表されるそうです。つまりまだ当分コロナ

カは続くと云う事。これは少しダメージが大きいですね。


長寿・短命

2020 年 10 月 21 日

一昨日、南魚沼の知り合いの農家さんから今年の新米が届きました。

早速、昨日の朝炊いて頂きました。相変わらず新米は美味しいです。

これで精米30キロ。秋と春に30キロづつ送って貰って60キロ

のご飯を二人で食べています。ひと月5キロなのであまりご飯を食

べる方では無いです。週に2回4合位を炊いて朝ごはんと炊いた日

だけご飯の弁当を会社に持って行きます。それ以外はご飯は食べな

いです。夜はつまみとお酒だけ。昼はそばが多いです。小麦は殆ど

食べなくなりました。昨日の「日本の長寿村・短命村」の続きです。

私の大好きな白米が短命の理由と云うのが面白く無くて結論書きま

せんでした。この本に措いて極めて重要なサンプルの収集の時期が

意味あるのが、まだ流通がしっかりしていなくて、共同体の交流も

あまり無く、風土に縛られた労働、産物、生活をせざる負えない人

々の記録だと云う事です。魚がたくさん取れるところは、畑や水田

が少なく魚ばかりを食べざる負えない。米どころで沢山採れるから

と云って食べすぎるのは好きと云うより糖質を沢山補給しなければ

耐えられない重労働の土地なのかもしれません。それぞれの土地に

はそれぞれの理由が在ります。近藤さんは、衛生学の人なのに長生

きの研究を始めてしまったのですね。白米が短命の理由と云うのは

少し短慮です。長生きの人が沢山いる村の特徴を書きましょう。

先ず偏りのある食生活は駄目です。動物性たんぱくが多いのも駄目。

秋田の人は塩っ辛いおかずでご飯を6杯も7杯も平らげるから駄目

というのは昔の話で今はどうかは判りません。麦、稗、イモ類、野菜

を沢山食べ、大豆などの植物性たんぱくを食べ、海藻類を沢山採る。

そして、一番重要なのが死ぬまで働き続ける。生きる事とは、働き

続ける事。

上へ