食べる通信

2019 年 2 月 15 日

昨日の夜、テレビ東京のカンブリア宮殿に我らが高橋編集長が出演しま

した。村上龍先生は、閻魔大王にそっくりです。割と毒舌で宮殿に登壇

する経営者達の賞罰を断じます。その閻魔大王に果敢に挑んだのが高橋

編集長。ふてぶてしいまでに吠えまくり、ぐうの根も出ない閻魔大王。

秘書の小池君は艶っぽい媚を振りながらとりなしていました。小池君は

強い男が好きなのかもしれませんが。それでも閻魔大王は大人です。海

千山千の経営者を断じて来た天秤棒、最後は上手く纏めて鉾を収めたの

でした。喧嘩腰に熱くなるのは、それだけ一次産業の現場の衰退を直に

見てきたせいです。現場を知らない閻魔が何をほざくかと云う目で我々

だって見ていたのです。映像の中で奈良の福吉さんや福岡の梶原さんも

映っていましたね。さて今回の奈良食べる通信は、「大鉄砲」と云う在

来の品種の大豆で作った豆腐の物語りでした。甲子園球児から豆腐屋丁

子、面白いお話しでした。我が家の婆さんが得度出家した尼さんだった

ので、肉や魚を食べる習慣があまり無く殆んど毎日、大豆から出来たも

のを食べていました。豆腐、厚揚げ、納豆、ガンモドキ、油揚げ、そう

こうするうちにおっかさんは、豆腐屋にパートに出かけるようになって、

ラインナップに豆乳も入ってきました。市販の豆乳が売り出される遥か

前から我が家では豆乳を飲んでいたのです。給料とは別に余り物の豆腐

などを持って帰るようになり、私は殆んど豆腐で育ったようなものです。

還暦オヤジが蕎麦打ちを始めると云うのは、良くあるお話ですが、豆腐

作りを趣味にしたいぐらい、豆腐が好きです。

これが人間か プリーモ・レーヴィ

2019 年 2 月 12 日

副題にアウシュビッツは終わらないと書いてあります。

去年の暮れから読み始めて先週やっと読み終わりました。イタリアの

ユダヤ人で優秀な大学を卒業したばかりの24・5歳で戦争末期のアウ

シュビッツを1年間生き延びた記録です。この人は解放後すぐに書き始

めています。悉く出版を断られています。イタリアの中枢も係わってい

たのかも知れませんね。私も途中で放り投げていました。なんで私はこ

のような物ばかりを読みたがるのだろう。日本軍の南方戦線、シベリア

抑留、ひょっとして私は、このような記録をサスペンス・ミステリーと

して読んでいるのでは無いかと云う、自分自身に対する疑念に囚われて

しまいました。面白がってはいないのでそう云う事は無いでしょうが。

この人も最後は自殺しています。ネット観察と監視カメラの現在が身体

拘束の無いアウシュビッツだと云えるのか云えないのか?

バック トゥ ザフューチャー

2019 年 2 月 12 日

先週のページは低調なまま幕を閉じ、相変わらず先行きを見いだせないまま

暗い顔つきの関係者が額を寄せ合います。しかし、印刷関連ばかりかと云え

ばそうでも無く、あらゆる業種が行く末を案じています。労働力不足と云っ

ても実際の話、しっかり未来を見据えた人たちは、家に閉じ籠って次のゾゾ

を探しているわけで、まだ稼げていないのでただ単にニートと云われている

だけだと思います。印刷業は20年前位から終わると云われていましたが、

今や、5年ぐらい前に希望職種10位ぐらいに入っていた銀行が青くなって

居る様な状況です。まだ印刷業は紙と云うブツと五感で感じる身体が残って

いるだけ、まだましな方でしょう。イニュニックの活版印刷の未来形とは、

どの様な物でしょうか?今の所思いついているのは、活版名刺にQRコードを

入れるというアイデア位なものですが、先達のサイトがやってないのでまぁ

まぁ新しい。先週のパチュリ―も含めて紙と五感と云う切り口で印刷の未来

を探し続けます。

PATCHOULI

2019 年 2 月 9 日

パチュリ― 香料です。墨汁の臭いがします。実際は竜脳(ボルネオ―ル)

を入れていると云いますが、どちらが正しいか判りません。ボリネオールは

楊貴妃が付けていたと云いますが、とても高価で現在ではあまり取れないと

云います。精神を安定させると云います。催淫効果もあるようです。事務所

の入り口に蓋を取って置いてあります。イニュニックにお出でのお客様は、

書道教室を思い出されるかもしれません。先ずこれが導入部、本と印刷の世

界への入り口です。

PAGE2019 digital paper marketing

2019 年 2 月 6 日

PAGE2019
=========================
サンシャインシティコンベンションセンター

2019.2.6(水)~2.8(金)

10:00~17:00
========================
今年のページのメインテーマはマーケティング。

印刷物の価値を高める事。AIや個人データを活用しての

高付加価値の展開。基本はOne to Oneマーケティングで、

ウェブ、メール、SNSと同等のダイレクトマーケティング

が実現するという事だそうです。そんな、デジタル印刷

ビジネスの中心地にイニュニックが颯爽と展開するのが

これです。

気包紙U-FSディープラフ295Kg 活版墨で目一杯凹ませています。

裏は蛍光ピンクでボディコピー。

上へ