オフセット印刷について

オフセット印刷の原理

オフセット印刷とは、印刷技術のひとつであり、版と紙が直接触れないのが特長となっています。

版に付けたインキを一度ゴムブランケット等に転写(オフセット)した後、紙等の被印刷体に印刷します。その為、オフセット印刷と呼ばれます。

さらに、ここで軽オフセット印刷の説明もします。軽オフセットとは、製版にPS版ではなく「ピンクマスター」と呼ばれる紙版を使用する印刷形式。また、略して「軽オフ」と呼ぶ事が多い。

アミ点がつぶれやすく、写真などを含む精密さやベタなどの多い印刷物には不向きではあるが、製版コストが安く、手軽な料金設定がメリットであり、オフセット印刷でも軽印刷の代表的な技術となっています。しかし、近年は紙版の製版機もデジタル化となっており、PS版と比べ遜色のないレベルまで網点の再現性が向上している。

wikipedia「オフセット印刷」一部参照

CTP印刷について

データから直接、印刷の版を作りますので、早くきれいが実現。 印画紙、フィルム、プリントアウト出力紙等の中間感材を使用しないので、写真のアミ点がシャープに表現できます。

従来のアナログ製版では、写真1点につき費用が加算されていましたが、写真画像がうめ込まれたデータ支給の場合はそういった費用はかかりません。

FMスクリーン・CTPの比較一例

下記では、「FMスクリーン」やCTP印刷の300線と175線の仕組みや、用途についての説明を大きい画像で説明しています。

元画像

FMスクリーンについて

FMスクリーンの網点

入稿されたデータは、4色(青・赤・黄・黒)の網点に置き換えて印刷します。FMスクリーンは網点の種類の一つで、従来のAMスクリーン175線に比べて非常に高精細な細かさ(約1/4 20ミクロン)で写真などの画像を表現します。

例えるとすれば、「普通のテレビ」と「ハイビジョンテレビ」の違いがあります。全体的に鮮やかに仕上がり、CMYKの色表現域も広がります。又、一つ一つの網点があまりにも微細な為、印刷機の状態等の影響を受けずにデータ通りの表現が可能です。

AM 300線CTP印刷について

FMスクリーンの網点

高精細AM300線CTP印刷。従来の175線のCTPの線数に比べて、1.7倍の超極細階調表現。遠景の人物画像でも、表情が解りやすく、荒いドットが見えません。

コート紙やマットコート紙に適した線数です。弊社では、非塗工紙(上質紙)以外は全て、300線のカラーが標準です。

AM 175線CTP印刷について

FMスクリーンの網点

オフセット印刷。
全ての種類の用紙と、印刷仕様に対応できます。
主に上質紙、書籍用紙の、カラー印刷に適した線数です。

AM 175線CTP印刷について

AM 175線CTP例1
AM 175線CTP例2
AM 175線CTP例3
AM 175線CTP例4

軽オフセット印刷。墨印刷のみ。用紙は、上質紙・再生紙・特殊紙・書籍用紙(淡クリームキンマリ、モンテルキア、b7トラネクストなど)のみ。1/2以上のベタ、平アミ等は出来ません。

印刷職人 現場の目利き

【オフセットの特殊印刷】

180711genba01.jpg

紙の出荷額では、上質、厚紙カード、ポスト紙、コートボール、クラフトボール、

チップボールは対前年比でほとんど落ち込みは無く中には、少し増えている物も

あるのですが、A2コート6%減、A3コート10%減、微塗工紙5%減と丁度パンフレ

ット、チラシ、雑誌等の用紙が対前年比、徐々にではありますが、出荷額を減ら

しています。先日インキメーカーの方と話していた時、出て来たのがプロセスイ

ンキの対前年比15%減と云う衝撃的な数字。中間色の出荷額が国内一位のメーカ

ーのお話しです。プロセスインキとは、カラー印刷のシアン、マゼンダ、イエロ

ー、ブラックの4色。これは、A2コート、A3コート、微塗工紙の減と丁度一致す

るところではあります。ただ、少し多いというのが実感です。箱紙などはほとん

どカラーですがインキ濃度はさほど濃くないのここが対前年比で少しぐらい増え

てもインキの使用料はそれ程増えません。カラー印刷離れが少し始まっているの

かな?と云う印象もあります。裏面はカラーですが表は銀や蛍光色の特色と云う

パターンのチラシやパンフレットが増えている感じはあります。余所のネット印

刷が特色や特殊なインキの印刷をほとんど受けていないのでイニュニックに集ま

りやすいと云う処は在りますが。ここ何年かは、変わった紙と云うのが印刷の流

れでしたが、此処に来て特殊印刷と云うのも新たな方向性として浮上してきた感

があります。今月出た「デザインのひきだし」はオフセットの特殊印刷です。銀

の紙に銀で印刷。黒い紙に黒で印刷。白い紙にニス印刷、又はホワイトインキで

印刷。ニスに少しの赤を入れると薄いピンクが微かに見えます。銀にシアンなど

を少し混ぜるのはDICナンバーでもありますね。ネット印刷では印刷の相談と云う

のが出来辛い処は在りますが、イニュニックは違います。打ち合わせルームに有

りとあらゆる印刷見本、製本見本、加工見本が有りますのでその場で確認できま

すし、その場で金額を知る事も出来ます。どうぞいつでもお出で下さい。


上の写真は、NTラシャの黒の紙に白を印刷してその上にカラーで印刷した夜の赤

外線写真です。黒の紙が夜のナマナマしさを露わにしています。