オンデマンド リーフレット・フライヤー印刷【タイプC】

対応用紙一覧

  • Mr.B 90K
  • ミセスB-F 90K
  • ヴァンヌーボV 105K/130K/150K
  • ミラーコートプラチナ 90K/110K/135K
  • ミラーコートゴールド 90K/110K/135K
  • OKマシュマロCOC 111K
  • GAバガス シュガー 90K/110K/135K

料金表での注意点

  • 記載している枚数以外でのご注文も承っております。
    お気軽に「お問い合わせ」下さい。
  • 色校正は別途料金にて承っております。詳しくは「各種色校正」をご覧ください。
  • 二つ折、三つ折などの各種加工も別途料金にて承っております。(1営業日加算)
    詳しくは「加工オプション」をご覧ください。

ご入稿と納期について

ご入稿時に必要な物 「印刷発注」への入力・送信・完全データ・出力見本
詳しくは「ご利用ガイド」をご覧ください。
納期の目安 午前10時迄のご入稿で「翌営業日」発送

各サイズの料金表

A3・B4サイズ

表1色/裏無 表1色/裏1色 表4色/裏無 表4色/裏1色 表4色/裏4色
100枚 5,580 6,100 6,900 7,420 8,740
150枚 6,640 7,420 8,630 9,400 11,390
200枚 7,710 8,740 10,350 11,390 14,030
250枚 8,770 10,060 12,080 13,370 16,680
300枚 9,830 11,390 13,800 15,350 19,320
350枚 10,900 12,710 15,530 17,340 21,970
400枚 11,960 14,030 17,250 19,320 24,610
450枚 13,020 15,350 18,980 21,300 27,260
500枚 14,090 16,680 20,700 23,290 29,900
600枚 16,220 19,320 24,150 27,260 35,190
700枚 18,340 21,970 27,600 31,220 40,480
800枚 20,470 24,610 31,050 35,190 45,770
900枚 22,600 27,260 34,500 39,160 51,060
1,000枚 24,730 29,900 37,950 43,130 56,350
1,100枚 26,850 32,550 41,400 47,090 61,640
1,200枚 28,980 35,190 44,850 51,060 66,930
1,300枚 31,110 37,840 48,300 55,030 72,220
1,400枚 33,240 40,480 51,750 59,000 77,510
1,500枚 35,360 43,130 55,200 62,960 82,800
1,600枚 37,490 45,770 58,650 66,930 88,090
1,700枚 39,620 48,420 62,100 70,900 93,380
1,800枚 41,750 51,060 65,550 74,870 98,670
1,900枚 43,870 53,710 69,000 78,830 103,960
2,000枚 46,000 56,350 72,450 82,800 109,250

A4・B5サイズ

表1色/裏無 表1色/裏1色 表4色/裏無 表4色/裏1色 表4色/裏4色
100枚 4,510 4,770 5,180 5,430 6,100
150枚 5,050 5,430 6,040 6,430 7,420
200枚 5,580 6,100 6,900 7,420 8,740
250枚 6,110 6,760 7,760 8,410 10,060
300枚 6,640 7,420 8,630 9,400 11,390
350枚 7,170 8,080 9,490 10,390 12,710
400枚 7,710 8,740 10,350 11,390 14,030
450枚 8,240 9,400 11,210 12,380 15,350
500枚 8,770 10,060 12,080 13,370 16,680
600枚 9,830 11,390 13,800 15,350 19,320
700枚 10,900 12,710 15,530 17,340 21,970
800枚 11,960 14,030 17,250 19,320 24,610
900枚 13,020 15,350 18,980 21,300 27,260
1,000枚 14,090 16,680 20,700 23,290 29,900
1,100枚 15,150 18,000 22,430 25,270 32,550
1,200枚 16,220 19,320 24,150 27,260 35,190
1,300枚 17,280 20,640 25,880 29,240 37,840
1,400枚 18,340 21,970 27,600 31,220 40,480
1,500枚 19,410 23,290 29,330 33,210 43,130
1,600枚 20,470 24,610 31,050 35,190 45,770
1,700枚 21,530 25,930 32,780 37,170 48,420
1,800枚 22,600 27,260 34,500 39,160 51,060
1,900枚 23,660 28,580 36,230 41,140 53,710
2,000枚 24,730 29,900 37,950 43,130 56,350

A5・B6サイズ

表1色/裏無 表1色/裏1色 表4色/裏無 表4色/裏1色 表4色/裏4色
100枚 3,980 4,110 4,310 4,440 4,770
150枚 4,250 4,440 4,740 4,940 5,430
200枚 4,510 4,770 5,180 5,430 6,100
250枚 4,780 5,100 5,610 5,930 6,760
300枚 5,050 5,430 6,040 6,430 7,420
350枚 5,310 5,760 6,470 6,920 8,080
400枚 5,580 6,100 6,900 7,420 8,740
450枚 5,840 6,430 7,330 7,910 9,400
500枚 6,110 6,760 7,760 8,410 10,060
600枚 6,640 7,420 8,630 9,400 11,390
700枚 7,170 8,080 9,490 10,390 12,710
800枚 7,710 8,740 10,350 11,390 14,030
900枚 8,240 9,400 11,210 12,380 15,350
1,000枚 8,770 10,060 12,080 13,370 16,680
1,100枚 9,300 10,720 12,940 14,360 18,000
1,200枚 9,830 11,390 13,800 15,350 19,320
1,300枚 10,360 12,050 14,660 16,340 20,640
1,400枚 10,900 12,710 15,530 17,340 21,970
1,500枚 11,430 13,370 16,390 18,330 23,290
1,600枚 11,960 14,030 17,250 19,320 24,610
1,700枚 12,490 14,690 18,110 20,310 25,930
1,800枚 13,020 15,350 18,980 21,300 27,260
1,900枚 13,560 16,010 19,840 22,300 28,580
2,000枚 14,090 16,680 20,700 23,290 29,900

印刷職人 現場の目利き

箔押し

箔押し、読んで字の如く箔を押す加工の事を言います。 箔は金箔、銀箔、色メタリック箔、ホログラム箔、パールなど、各メーカーごとにさまざまな箔があります。 金箔にも赤金青金中金、銀にもツヤありツヤなし、それぞれ色目の違い等、色々とあります。 箔押しは、アルミ蒸着させて本物の金属光沢を出しているので、とてもピカピカで、インキの金銀に較べると光沢度が大きく違います。

箔押しの金額は、まず面積によります。 一回押す面積が大きければ大きい程、金額は上がって行きます。 箔押しのデータは、ブラック1色版で作製します。 次にそのデータを製版に出して、トツポジ又はトツネガフィルムにします。 そのフィルムを凸版の製版屋に持ち込みます。 箔押しを押す素材、紙、クロス、押す文字の大きさ細かさによって、樹脂版、銅版、亜鉛版を使い分けます。 布クロスの文字が小さい場合は亜鉛凸を使います。 亜鉛凸が一番高価で、綺麗に箔押しが出来ますが、現在、亜鉛凸版は製造販売が行われていないので、それぞれの製版屋さんが持っている在庫が無くなると終りとなる凸版です。

凸版の製版屋さんでは、エンボス加工、デボス加工の浮き上げの版も作ります。又は、OKフロートなど、熱処理によって凹む素材の型も作ります。 大体その流れで、箔押し屋さんが持っている機械で、出来るのは、箔押し、エンボスデボス加工、パチカ、OKフロート等で行う加熱型押し加工等。 これらを組み合わせて、箔押しとエンボス加工等が一か所で出来ます。

箔押しやエンボスの加工表現の限界はどこかと申しますと、やはり加工する素材によります。 極端に小さな文字や線は、出ない場合がありますし、エンボス等は通常、凸版と凹版の2つの版型を使いますが、やはり素材によっては、銅版、亜鉛版を使います。 箔押し、エンボスが活きる素材、もったいない素材、さまざまに長所短所があります。 たとえば、アートポスト220Kの紙に印刷したロゴマーク。そこだけ浮き上げエンボス加工というのは、もったいないです。 浮き上げエンボス加工というのは、無地の白地の中にそこだけ、イメージデザインを浮き上げる事によって光と影の妙でさりげない和やかさを愛でるものです。 浮き上げのところだけ印刷してしまうと目立たなくなります。