images..."> images..."> images..."> images...">

日本人の戦争

2013 年 7 月 25 日 木曜日

北区在住のドナルド・キーンさんの本。

戦前大政翼賛を声高に叫んだ作家もいましたし、

おかしくなって行く時局を懸念しながら、小さなつぶやきを

残した作家もいます。戦後の手のひら返しを指弾し続けながら

日本人の精神なるものを擁護しようとし続ける作家もいます。

とてもバランスよく、戦中から戦後の偽らざる日本人の心情が

描かれています。さりげなくドイツの事も書かれています。

ドイツでは、ポツダム宣言を受諾してから約2500人の民間人が

自殺しています。理由は書かれていないけど、ホロコーストのことを

いきなり知らされて、あまりの恐ろしさに自分自身を消し去り

たいと思ったのでしょう。

今日の東京新聞に残り105人のナチスの戦争犯罪者を探すビラを

貼りだしたという記事が載っていました。まだ、ドイツでは終わって

いません。今、世界の金融を支配しているのはユダヤの人々です。

そして、人権に対して世界中で一番神経質なのはユダヤの人々

なのです。人権を大切にしない国が経済で連携してもらえるはずは

ありません。徹底的に搾取されるでしょう。もっとも金融の世界で温情

などあり得ない話かも知れませんが・・・・。

経済を潤すためには、絶対、グーではなくパーでなくてはいけないと

思います。

上へ