印刷業の未来

2019 年 5 月 31 日 金曜日

池袋はフクロウをイメージキャラにしています。区長が本屋の親父だった

ので、プッシュしたのかもしれません。私も好きな動物。フクロウの好物

が蛇だからと云うわけではありませんがごく最近知った事実。蛇の舌は二

つに分かれていて、ゆっくり進みながら舌を口からチョロチョロ泳がせな

がら進んでいきます。これは、臭いを嗅いでいるそうなのです。舌で匂い

を嗅いでいる。鼻もちゃんとあるのですが、舌で別の臭いを嗅いでいる。

羨ましい訳ではありません。だけどそう云われてみたらなるほどね!と思

います。さて本題。3月にペーパーレス法案が通ってから業界は、文字通

り、ペーパーレスに向かってまい進しています。去年秋から始まった紙不

足は、製紙メーカーの機械の老朽化などのメンテナンスもありましたがそ

れだけでは無い流れが有りました。先ず去年の4月に例年にない大きな売

り上げ減が有りました。機械のフル稼働でそれ以上稼ぐ事が出来ない高止

まりで何十年もやって来たのがイキナリの3割減。その時、何かが始まっ

たと青くなりました。なんとなく様子を見ながら10月、やはり売り上げ

が下がりました。10月は年間売上2位か3位の月です。11月に手に入

らない用紙が出始めて12月に1月から紙代20%の値上げだという通知。

1月になって実際に額面通り値上がりが在って、同時に機械メンテナンス

の年間予定表等が我々印刷業界にも出回るようになりました。そして3月

ペーパーレス法案が出てその全貌が明らかになりました。だいぶ前からス

ーパーフライデー、働き方改革、ノウ残業デイ、副業の推奨など政府は人

々の自由な営みに口を挿んできます。経団連やトヨタに終身雇用の廃止な

どを云わせます。労働人口が減っているのか労働者は余っているのか?大

企業では、大幅なリストラを延々とやっています。そのくせ外国からの労

働者は入れようとします。いま日本では何が起きようとしているのでしょ

うか。ガラパゴスののんびり屋は世界の動きが全然見えていないのでしょ

うか?ドイツで8時間で終わる仕事を日本では12時間かけてやっている

と云います。基本給は経営者が決める給料、残業は労働者が決める給料?

私が30年前にやっていた仕事の質と今を比べると量は凄く増えているの

ですが、労働者の仕事の流れはあまり変わっていないのですね。エクセル

とネット販売が若い女性の仕事を奪ってしまいました。パソコンとネット

は多くの労働者の仕事を奪っています。しかしそこに頑強に抵抗しようと

云うのが将来に不安を抱える労働者です。ペーパーレスとセットになって

いるのがキャッシュレスです。キャッシュレスの割合は韓国が90%、中国

が60%、カナダ・イギリスが55%、オーストラリア・スウェーデンが50%

アメリカが45%、フランス・インドが40%。そして日本が19%、ドイツが

15%です。日本とドイツが極端に低いですね。現金が大好きと云うより確

実な物しか信用していない。75年前に手痛い目に合いましたから。日銀

が発行している通貨は115兆円ありますが、このうちの50兆円がタンス預金

です。いくらゼロ金利だとはいえ、銀行さえも信用していない。あともう

一つ大きな統計が有ります。マイナンバー取得率13%と云う事。ここのマ

イナンバーとキャッシュレスを進めるためのペーパーレスなのです。この

三つを進めるとどうなるか、印刷関連の労働者を他に動かすことが出来ま

す。公務員を大幅に削減できます。レジ係や銀行マンがいらなくなります。

税務署員もいらなくなります。新紙幣を出すことによって50兆円の在り

処を白日の下に晒すことが出来る。マイナンバー取得率13%とキャッシュ

レス19%とタンス預金50兆円に日本人の面従腹背ぶりが窺がえます。しか

しそう計画通りに事は運ぶでしょうか?10年掛けて変わらなかったモノが

そんなに簡単に変わるとは思えません。ネットのバラ色の未来がしっかり

描けないうちに何やら怪しい胡散臭さが垣間見えだしている現状に何だか

祭りの終焉を感じているのは私だけでしょうか?


上へ