images..."> images..."> images..."> images...">

ケルン 2日目

2016 年 5 月 31 日 火曜日

爪先立ちのシッコは、小学生以来。

ジプシーが普通に入ってきて店員さんも普通に楽しんでいる。

7時間の時差で夜中の1時半に目が覚めました。

ガイドの人に、夜暗いうちは1人で外に出ないよ〜にと言われました。

去年の大晦日の夜にあったニューイヤーカウントダウンは、まさにこの辺での出来事。

ドイツではジャガイモとキャベツとソウセージ、後はビール。ただもうひたすら毎日これを

繰り返すそうです。夜の食事は火を使いません。パンかチーズ、またはクラッカーか

チーズ。そしてビールかワイン。昼は少し豪勢に豚肉を食べたりしますが、大体同じもの。

食べることに関しては節制しているようです。こんなに質素なんだからほとんどプロテス

タントかなと思ったら、カトリックも丁度同じ数だけいるそうで、ドイツのカトリックはフランス

イタリアに比べたら少し損しているなと思います。食べることにさほど興味ないようですが、

それでは仕事はどうかと云ったら、これも見事に5時になったら店閉めますね。バスの

運転手も時間になったら、「もうこれ以上働けない!」と文句言いますね。渋滞で予定より

時間がかかってしまって、ツアーガイドさんと言い合っていました。こんなに労働者の権利

強くて労働時間が短くて、世界で一番強い。身体大きくて意志が強くて能力が高い。

ドイツと戦争したら特攻隊でしか勝てないです。だけど自分が死んじゃったら勝ったことに

ならない。まぁ、自分では無い人が死ぬんだからどうでも良いのでしょうが。日独同盟

だけは結んでおいた良いでしょう。

上へ