images..."> images..."> images..."> images...">

昭島と有楽町

2015 年 4 月 20 日 月曜日

朝、8:30 昭島。「モリパークアウトドアヴィレッジ」

店は開いてないけどガラス越しに各ショップを拝見。

コーヒー飲んでオープン前に退散。

有楽町、東京国際フォーラムで「大江戸骨董市」

前回の骨董市ぞめきは、富岡八幡宮の月例会からですので1年ぶりぐらい。

国内最大級と云うだけあって規模は大きいです。

ミャンマーのもの。やくの角で作ったという髑髏。

一個300円。1500円にまけてもらいました。

紙型(しけい)で作ったペン立て。昔の活版印刷の鉛型を作るための元に

なる紙の型です。65年前位の物のようです。中面に当時の新聞が張って

あります。ムヒの広告があります。オランダ侵略(インドネシア)の東京裁判の

話が出ています。

アヘンを計る為の重り

満州国では、中国人にアヘンを吸わせておりました。

税収全体の12%がアヘンからの税収です。

おばあちゃんのお兄さんは、奉天で馬賊の頭目だったそうで、

どうもアヘンに係わっていたようです。父から、「おじさん、鼻が上を

向いてるもんじゃから、アヘンを吸うたら、煙が天井に登っていくん

じゃぁ」という話を聞いたことがあります。

あべちゃんの爺さんは満州国の商業部の高級官吏だったので、

この時、アヘンで大金を掴んだのではないかと云うておりました。

上へ