images..."> images..."> images..."> images...">

夜と霧

2014 年 7 月 17 日 木曜日

ヴィクトール・E・フランクル 心理学者 ナチス強制収容所の体験記

ユダヤ人、ロマ、同性愛者、社会主義者を夜中、見通しのきかない霧に

隠れてさらって来て強制収容所に収容して、道路工事などに従事させて

報酬を得ながら、働かせ、満足な食事を与えられないまま、栄養失調の中で

死んでいった人々の記録。恐怖と絶望、飢え、凍え、暴力、僅かな希望、

落胆、夢、祈り、冷酷、残虐。生き延びるための果断なる選択と決断。

基本的には死なせるための収容所。その中で生きるために人が成しうる

または成すすべのないあらゆることが記されています。

若いころ最後まで読めませんでした。

そんな凄惨な状況の中でも善意を持ち続ける人はいるし、従容とその

すべてを受け入れ「あー、良かった。」というひともいます。

生きる意味を知り精神の高みを持続できる者こそ、死そのものも自分の

モノにすることが出来るのだと思います。

上へ