未来の芽

2014 年 2 月 4 日 火曜日

今週から弁当を持ってきています。

週末久しぶりにバイクに乗りました。昔と何が違うのだろうと確認しながら。

分かったことがあります。目の焦点が合うのが異常に遅いということ。または

2・3秒たってもぼやけたまんまだということ。目が悪くなっていたのですね。

小森の営業さんが見えて「社長、体調悪いのですか?ブログ読んだらよく

こけると書いておられましたが?」と心配して頂きました。モーターサイクルでも

バイクでも事故を起こしたことはありませんでしたが、ここ2・3か月立て続けに

事故にあっているのでした。小森さんも大型バイクに乗っておられてよく

オートバイ談義に花が咲きます。バイクは予測で走ります。ある意味予測する

未来の時間を走ることで通常とは違う速さと安全を獲得します。その予測を

可能にするのが、そここに顔を出している未来の芽の収集なのです。

100メートル先の交差点で立ち止まる人の顔の向きで、まだ見ぬ車の出現を

予想したりします。2輪車は動いていないと倒れる。倒れないためには前に

進まなければならず、前に進むためには予測し続けなければならないので

あります。目が利かなくなるのは致命的です。会社の経営でも同じことかも

しれませんが・・・。

小森さんに体調でご心配かけたのも、心当たりが無いわけではありません。

ここ、2・3年あまり食べなくなっているのです。南雲先生が食べなくても大丈夫

というし、炭水化物は、体に悪いというし、断食が流行っているし、贅肉をそぎ

落として野生の感性を取り戻さなくては、これからは生き延びることができない

などなど、ほんとに唯唯諾諾と素食に突き進んできたのです。

食べないと枯れます。活力が湧いてこないです。

動かないで食べないではなく、大いに動いてそこそこ食べる。

動かないと未来の芽を見つけることすら出来ません。

上へ