images..."> images..."> images..."> images...">

SLOUGH

2013 年 8 月 29 日 木曜日

家の玄関の花台には大きなガラスの花瓶が置いてあるのですが、

中に入れてあるのは、すりきり一杯のセミの抜け殻です。

空蝉が約300体。初めて訪れる宅急便の兄さんの伝票を受け取る

顔には、微かな薄ら笑いが浮かんでいます。

これは、一体一体、コツコツ集めたものではなく、千葉のかみさんの

友人の実家、「青山梨園」で大人どりしたもの。梨狩りに誘われて

梨狩りしないでセミの抜け殻狩り。

カミさんの友人や甥や姪からは「たかし君、ちょっと変わっている」と

云われています。

池上さんの写真集「SLOUGH」 この何とも言えない空虚な感じは

何だろうと思いながら、相談に乗っていたのです。「SLOUGH」の意味

さえ知らないままに。    沼地、泥道、スラッジ、かさぶた、泥沼、

抜け殻、ぬかるみ、湿地、壊死組織、痂皮。

北海道の宗谷岬から鹿児島の佐多岬までの日本縦断の一本道。

いろんなぬかるみ、抜け殻、かさぶたが掬い取られています。

ある意味の暗示でもありますが、これが日常風景になっていくので

しょうね。繁華街より墓地が好きな私としてはこの寂しさは嫌いじゃない。

池上諭  「SLOUGH」  写真展

2913年8月30日(金)から9月9日(月)

新宿のコニカミノルタプラザ ギャラリーB にて

新宿区新宿3-26-11 (新宿高野ビル4F)

10:30~19:00  入場料無料

上へ