京都現代美術館 麻田鷹司展

2018 年 6 月 30 日 土曜日

夭折の日本画家 麻田鷹司

「対象の風景との間には一期一会の対決のひとときがある。ある風景が

私の風景にとなるかならないか。心が通い合えると感じたとき、ただ眼

の前の景色にすぎなかった存在が私を釘付けにし、私の風景となる。」

上へ