シェイプ・オブ・ウォーター

2018 年 3 月 3 日 土曜日

これは少し前に予告を見ていたのですが、あまり興味が無く観るつもりは

無かったのですが、前日に電車に乗ったら「スリー・ビルボード」と「シェイプ・

オブ・ウォーター」どちらがアカデミー賞取るかなどと謳っていたのでつい騙

されてしまいました。アカデミー賞取ったからと云ってあまり面白かった試しは

なかったのですが、スリービルボードが結構面白かったので、あれの上を行く

のかなと考えたのです。年を取ると心の琴線の張りが失われるのか、何を見ても

響かない。基本、驚きが無い。お年を召した方でいつもニコニコで感情豊かに

人生を謳歌されているご様子を拝見しながら見習わなくてはと考える自分が

居るのと同時にとても恣意的に取捨選択している興味の対象をあざといとも

考える。どちらかと云うと矛盾や不正や偽りなどに目が向きやすい己が性分を

持て余しもします。さて映画の話。時は1960年前後。釜山の従軍から13年

と云う言葉が在ったので大体それぐらい。あの時代のデザインはそれなりに

大好きで冒頭10分ぐらいで子猫じゃないけど後ろ首捕まえられて映画の

世界に連れて行かれます。しかし物語の整合性が・・・・・・・。

異婚譚で収めるには他の要素を入れ過ぎだし、神話と云うには散らかりすぎ。

神話と云うと最近少しこの傾向は強いなと感じます。AIの時代に人類は新たな

神話を必要としている部分はあります。しかしあまり硬く考えなくても楽しい

要素は一杯あるので、それなりに面白い。私は、娯楽派と云うより社会派物が

好きなのでスリービルボードの方になびくがトランプを忖度したらシェイプ

かも知れません。古き良きアメリカの時代が良く描けています。

上へ