東北食べる通信 真牡蠣

2018 年 2 月 23 日 金曜日

宮城県南三陸町の真牡蠣。

瀬戸内の相生は造船所もあるけど最近は牡蠣でも有名です。

鰯浜のカキ、坪根のカキ、室津のカキ、室津は龍野かな。

昔は、牡蠣が生臭くて食べられなかった。妹が嫁いだ家が牡蠣屋で

船曳商店と云います。築地ではまあまあ有名みたいです。今は

サムライオイスターと云う名前を付けて売っています。そういう縁故が

ありながら人でなしの兄は、宮城のカキを食べていました。だって

宮城の方が美味いんだもの。だけど震災前位から宮城もいまいちかなと

思い始めていました。それで今度は厚岸のカキ。肉厚で臭みも無い。

それが最近は厚岸も宜しく無いようで相生が再評価されているようです。

瀬戸内海は水の浄化も無いのに何で美味くなっているのか?

宮城のカキはぎゅうぎゅうのいかだの間隔を開けただけで抜群に美味く

なったそうです。厚岸も今は過密状態になってしまったのかもしれません。

地元のカキや北海道のカキに浮気したけどやはり、私は宮城のカキかな?

これ読んでいる瀬戸内の人達の約半分のお怒りを買ったかもしれません。

サムライオイスターは、ある特殊な事を一日、二日、牡蠣に施しています。

これは企業秘密かもしれないんでここでは書きませんが、どうしてもと云う

人がいれば特別にお教えします。

上へ