BSフジ 食べる通信 高橋博之さん

2017 年 3 月 2 日 木曜日
http://taberu.us1.list-manage.com/track/click?u=ac58c3b6a383465a2d42a0b3a&id=e9ded20f2e&e=5493221761
目次
1. 2週連続!BSフジで高橋博之のドキュメンタリーが放映 (#BSフジ)
2. スペシャル対談!山地酪農家・中洞正さんと熱く語り合います (#スペシャル対談)
3. 「久しぶりに獣のような目をした人間に出会った」 (#獣のような目)
http://taberu.us1.list-manage1.com/track/click?u=ac58c3b6a383465a2d42a0b3a&id=24f816e118&e=5493221761
女優の竹内結子さんが問いかける。「あなたの夢はなんですか?」
一言では答えられないので、1時間(30分×2本)のドキュメンタリー番組をつくってもらいました。BSフジの「一滴の向こう側」 (http://taberu.us1.list-manage.com/track/click?u=ac58c3b6a383465a2d42a0b3a&id=f477e2612e&e=5493221761) で、東北開墾代表の高橋が2週に渡って特集されます。
・前編 3/4(土) 22:00〜22:30
・後編 3/11(土) 22:00〜22:30
以下、高橋より
「この1ヶ月間、テレビの密着取材を受けていたんですが、密着取材はする側もされる側もなかなかにたいへんなんです。が、今回カメラを回してくれたディクレクターの古池さんは河瀬直美監督の薫陶を受けた志士で、すごく気が合い、やりやすかったです。そしてそして、ぼくが尊敬する中洞牧場の中洞正さんの現場も舞台なので、中洞さんがどんな男なのかも、ぜひ見てもらいたいです。岩手の山奥で牛を完全自然放牧で育て、日本一高い牛乳をつくってる酪農家なんですが、とにかくかっこいいオヤジさんなんです。」
東北食べる通信2月号で特集した異端の酪農家・中洞正さんと高橋が、これからの一次産業や社会について熱く語り合います。どうぞ、ご興味ある方はお気軽にご参加ください。
【特別対談】「これ以上、人は自然から離れてもいいのか?」
〜山地酪農家・中洞正 × 東北食べる通信編集長・高橋博之〜
◯日時
3/20(月・祝)16:00〜20:00
◯場所
League Yurakucho (http://taberu.us1.list-manage.com/track/click?u=ac58c3b6a383465a2d42a0b3a&id=68eed171ab&e=5493221761)
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
◯参加費
第1部:2,000円(学生1,500円)
第2部:2,000円(学生1,500円)
◯タイムスケジュール(予定)
15:45〜 受付開始
16:00〜 第1部:中洞正 × 高橋博之【対談】
18:00〜 第2部:懇親会(軽食+ワンドリンク付)
20:00  終了
◯お申し込み(①or②)
①オンラインチケットの購入 ※Peatixアカウント(無料)が必要です
http://peatix.com/event/243780
②フォームで登録する
https://goo.gl/forms/LShYol9CdN49Hy1p2
※原則イベント1週間前からはキャンセルを受け付けておりません。
その他、ご質問等はメールにてお問い合わせください。
t.katou@taberu.me(担当:加藤)
【ゲスト紹介】中洞正(なかほら・ただし)
1952年、岩手県宮古市生まれ。東京農業大学在学中に猶原恭爾氏が提唱する「山地酪農」に出会い、直接教えを受ける。卒業後、岩手県岩泉町で酪農を開始。24時間365日通年昼夜の放牧、自然交配・自然分娩など、山地に放牧を行うことで健康な牛を育成し、牛乳・乳製品の自家プラントを建設、農協に出荷せず製造・加工・販売までを行う中洞式山地酪農を40年以上かけて確立した。著書に『幸せな牛からおいしい牛乳』(コモンズ社)、『黒い牛乳』(幻冬舎)など。
久しぶりに獣のような目をした人間に出会った。
1. 2週連続!BSフジで高橋博之のドキュメンタリーが放映
2. スペシャル対談!山地酪農家・中洞正さんと熱く語り合います
3. 「久しぶりに獣のような目をした人間に出会った」
女優の竹内結子さんが問いかける。「あなたの夢はなんですか?」
一言では答えられないので、1時間(30分×2本)のドキュメンタリー番組を
つくってもらいました。BSフジの「一滴の向こう側」 で、東北開墾代表の
高橋が2週に渡って特集されます。
・前編 3/4(土) 22:00〜22:30
・後編 3/11(土) 22:00〜22:30
以下、高橋さんより
「この1ヶ月間、テレビの密着取材を受けていたんですが、密着取材は
する側もされる側もなかなかにたいへんなんです。が、今回カメラを回して
くれたディクレクターの古池さんは河瀬直美監督の薫陶を受けた志士で、
すごく気が合い、やりやすかったです。そしてそして、ぼくが尊敬する
中洞牧場の中洞正さんの現場も舞台なので、中洞さんがどんな男なのかも、
ぜひ見てもらいたいです。岩手の山奥で牛を完全自然放牧で育て、日本一
高い牛乳をつくってる酪農家なんですが、とにかくかっこいいオヤジさんなんです。」
東北食べる通信2月号で特集した異端の酪農家・中洞正さんと高橋が、
これからの一次産業や社会について熱く語り合います。どうぞ、ご興味ある
方はお気軽にご参加ください。
【特別対談】「これ以上、人は自然から離れてもいいのか?」
〜山地酪農家・中洞正 × 東北食べる通信編集長・高橋博之〜
◯日時
3/20(月・祝)16:00〜20:00
◯場所
東京都千代田区有楽町2-10-1 東京交通会館ビル6階
◯参加費
第1部:2,000円(学生1,500円)
第2部:2,000円(学生1,500円)
◯タイムスケジュール(予定)
15:45〜 受付開始
16:00〜 第1部:中洞正 × 高橋博之【対談】
18:00〜 第2部:懇親会(軽食+ワンドリンク付)
20:00  終了
◯お申し込み(①or②)
①オンラインチケットの購入 ※Peatixアカウント(無料)が必要です
http://peatix.com/event/243780
②フォームで登録する
https://goo.gl/forms/LShYol9CdN49Hy1p2
※原則イベント1週間前からはキャンセルを受け付けておりません。
その他、ご質問等はメールにてお問い合わせください。
t.katou@taberu.me(担当:加藤)
【ゲスト紹介】中洞正(なかほら・ただし)
1952年、岩手県宮古市生まれ。東京農業大学在学中に猶原恭爾氏が
提唱する「山地酪農」に出会い、直接教えを受ける。卒業後、岩手県岩泉町で
酪農を開始。24時間365日通年昼夜の放牧、自然交配・自然分娩など、
山地に放牧を行うことで健康な牛を育成し、牛乳・乳製品の自家プラントを
建設、農協に出荷せず製造・加工・販売までを行う中洞式山地酪農を
40年以上かけて確立した。著書に『幸せな牛からおいしい牛乳』(コモンズ社)、
『黒い牛乳』(幻冬舎)など。
久しぶりに獣のような目をした人間に出会った。
上へ