images..."> images..."> images..."> images...">

ドイツⅡ

2016 年 6 月 13 日 月曜日

DRUPA2016の会場でもそうでしたけど、ドイツの人たちは携帯持っていないの

では無いかと思います。煙草は良く喫います。そこら中歩きたばこしてますが、

外で携帯やスマホみている人がいないのです。ゼロではありません。人が一杯

いるところで4・5人ぐらいかなと云う感じです。すれ違う時にしっかり、相手の人間を

意識して、それなりの気配を送ってくれます。目があったらちゃんと挨拶してくれます。

ちゃんと社会が生きているなと思いました。昔、10年ほど前、アイポッドに音楽入れて

耳栓で聞きながら街を歩くというのを始めるとき、少し躊躇したのを、いえどちらかと

云うと悩んだのを思い出します。これって社会に対して蓋をして閉じ籠るという事で、

良く無い事ではないかと考えたのです。その時は、親が死んだばかりでほんとに貝の

ように閉じ籠っていたかった。耳栓して、ただ街をほっつき歩いていたかった。

それから、日本はアイポッドの隆盛と同時に携帯が一般的になり、5年前の震災から

スマフォが普及していきました。いまは、電車に乗ると95%ぐらいの人がスマフォを

覗き込んでいます。何が違うんだろうと思います。ドイツも日本と同じように同調圧力の

強い社会です。800年間、320の部族が繰り返し繰り返しずっと戦争をし続けて来て

日本と同じ1870年にやっと纏まって一つの国になったところです。日本では明治維新

ですね。戦いに長けてる国民が自信を持つようになって世界と戦いを始めます。

一回負けたけど、80年ぐらい前からまた始めます。そしてコテンパンにやられて国土の

95%を焼失したのに、また昔と同じような家並みを再現します。しかし再現したのは

家並みだけで、戦争に対する気持ちは厳に封印したのでしょう。リアルな人との触れ

合いをとても大切にしているように見えます。アメリカがメルケルさんの電話を盗聴して

いたので国民も用心しているのかもしれない。2011年6月に出されたWHO(国際保

健機関)携帯電話がレベル3の発がん性有害物質に指定されたので、用心して使わ

ない様にしているのかもしれません。日本では放射能の心配で携帯の発がん性など

気にも留めなかったせいかもしれません。ネットやスマフォと云うのはファシズムを

生みやすい道具です。正義と怒りが結び合ったら一気に一色に染まります。言葉と

思念だけでは暴走しやすい。そこには身体が無いからです。身体的な感覚が無い

世界ほど怖いものは無いです。まともな宗教は、そこが判っているので身体的な

縛りを加えます。身体的な縛りが無い宗教は、過激な思想を生みやすい。

暴力とファシズムに親和的なドイツはネットやスマフォの危険性を知っているの

かもしれません。

上へ