images..."> images..."> images..."> images...">

放浪の画家 ピロスマニ

2015 年 12 月 8 日 火曜日

岩波ホール、最初ちょっと居眠り。でも途中からぐいぐい引き込まれていきます。

絵画の様な構成された映像美。シンプルではありますが画力が強い。

ピロスマニの絵そのものをなぞったような映像です。グルジアは、今はジョージア

と云いワインで有名です。ロシアとトルコに挟まれて黒海に面しています。

音楽がトルコ風でもあり、コサック風もあり色々と文化の融合があった古い歴史の国。

中心にあるゴリはスターリンの出身地です。文明が出会う場所は、同時に激しく

火花を散らす場所。寡黙であり感情がシンプルであるという事は、とりもなおさず

苛烈な歴史を持っているという事。それらのことが淡々と一枚の絵として綴られて

いきます。

われわれ現代人は、何と無駄な言葉を吐き続けているのだろうと、考えさせられます。

画家が女優に恋をしてバラの花を贈る場面は出てこないけど、それが日本で歌になった

「百万本のバラ」です。力強い映画です。

上へ