images..."> images..."> images..."> images...">

台湾 九份

2015 年 8 月 5 日 水曜日

九份は台北の東の海沿いにある山あいの小さな町。元々9件しか

なかった集落であったが、1893年に金鉱が発見されてアジアの

ゴールドタウンと呼ばれるようになりました。金鉱脈が尽きてからは、

元の静かな町になりました。

ゴールドラッシュを牽引したのが植民地支配していた日本で、当時の

石造りの建物が数多く残っています。階段と坂道が多く密集したバラックや

土産物屋などが軒を連ね、旧日本領時代の面影と今の台湾のエネルギッ

シュな猥雑さが何とも言えない雰囲気を醸しています。

台湾で大ヒットした「悲情城市」の舞台になったところ。立小便のアンモニアの

臭いと臭豆腐の臭いが全体に立ち込め、大勢の中国人観光客の喧噪もさる

ことながら、五感の坩堝の中で眩暈を起こしそうなところでした。

何ともはや、「年だな」と改めて思い知らされました。

上へ