image..."> image..."> image..."> image...">

現代の戦争

2015 年 6 月 24 日 水曜日

チョムスキーが語る戦争のからくり  平凡社

たまたま並行して読んでいるもう一冊が「日本残酷物語」で

やはり平凡社です。日曜日の新聞の書評欄に下中さんの本を

中島さんが書いてやはり平凡社から出していて、急に存在感を

出してきています。もっと平凡で凡庸なところかな思っていました。

それで、ノーム・チョムスキーさんです。昨日のうりずんの雨の

ジャン・ユンカーマンさんがチョムスキーのドキュメントを撮っていて

当代随一の戦争と謀略と宣伝工作の目利きです。マサチューセッツ工科

大学の教授にして、西側諸国のほとんどの政府とマスコミに嫌われている

ひとです。それは何故か。世界で起きている破壊工作が誰によってなされ

ているか、誰が黒幕でその途上国の誰に資金と武器を渡して混乱と殺戮が

なされているか、事細かく知っているし、いろんなところで発表している

からです。先ず、冒頭第二次世界大戦以降、5000万人から5500万人の

人たちが西側諸国の植民地主義のせいで殺されています。コンゴでは

ごく最近1000万人近い人々が殺されました。準軍事組織ミリシアによって。

バックで誰がお金を出しているのか、多国籍企業群、政府軍ハッキリ

判っていません。西側植民地主義の国々は共産主義が嫌いです。

途上国で起きそうになると、まず首謀者の暗殺を企てます。それが無理

だったら次にその国の身勝手で自分たちだけ良かったら、人を殺すのも

何とも思わないような人たちのグループにお金と武器を渡します。最近は

共産主義だけではなく、人口増加と温暖化を懸念して世界中の人間の

間引きも行っているのかもしれません。アラブのジャスミン革命は世界を

牛耳る人たちにとって、大きな事件でした。ネットによって曝された自分

たちが知りえなかった世界の現実。遠いあらゆる人々を結びつける世界

からの言葉。世界市民、地球国家の誕生を予見させる大きな兆しでしたが、

国家という枠組みがあることで裕福さを享受できるその国家の支配者にとって

とても都合が悪いことです。コンピュータ技術の飛躍的な発達によって労働

力は大幅な削減が出来ます。人間がいらない世界になろうとしているのに

逆に医療技術の発達によって、人口は増え続けています。労働力の

価値がどんどん下がって行くという中で出てきたのが派遣法だし、徴兵制に

繋がる18歳選挙権だと思います。アジア人はアジア人の中に隠せ。

日本の軍事力が必要なのではなく、この黒い髪と黄色い肌が必要なの

かもしれません。ボコハラムはナイジェリアで黒人だし、ISISはシリアで

イスラムです。オバマさんのお父さんはケニアで諜報活動をやっていた

現地の工作員だそうです。それだけではなく、父が死んだあと母親は

インドネシアの陸軍将校と結婚してインドネシアに行きます。オバマが

インドネシアにいた時は、大虐殺の時代で2・3百万人の人々が殺され

何百万もの行方不明者がいて川には死体が積みあがっていてレイプが

横行し、教室では軍人が授業をしていた時代。オバマさんは基本的に

完全なる極右の人です。でも、人が良さそうに見えますよね。

ラテンアメリカは総じて良くなっているそうです。特にキューバが素晴

らしい。キューバの医師の腕は世界最高レベルです。西側の薬などが

手に入らないので技術などで補うしかないのです。

世界中で災害があったら、キューバの医師は駆けつけます。

そして都会ではなく、一番困難な地方の一番貧しい所へ駆けつけるそうです。

その意志姿勢、チェが生きていると思いました。それが、ラテンアメリカに

繋がっています。

18歳の諸君、来年から選挙権が与えられます。選挙の前にはテレビ新聞などの

いう事をよく聞いて、その意味をちゃんと忖度して行動しなければいけません。

たとえば、去年の暮の選挙、選挙の前2週間ぐらい前から「今度の選挙は意味が

無い」という大合唱が沸き起こりました。意味が無いものに行くほど浮遊層は

暇じゃない。こういう時は、大意をくみ取って棄権するのが大人の知恵です。

上へ