images..."> images..."> images..."> images...">

沖縄

2015 年 5 月 12 日 火曜日

今年に入って本屋さんで見つけて即購入の2冊。

石川竜一さんの「絶景のポリフォニー」「オキナワポートレート」

イニュニックにおいでの写真家の方々の何人かは、今年の

木村伊兵衛賞を期待されておられましたが、見事に持って行かれて

しまいました。力強い写真です。沖縄の荒みが見事に写し出されています。

カメラは八ッセルブラッド、デジタル。正面からどーんと映しています。

2年前結婚式で沖縄に行きました。一番の楽しみは美ら海

水族館であの巨大なジンベイザメを見る事でした。

スケジュールの都合でその前にひめゆりの塔に行きました。

みんな凛々しくも可憐な娘さんたちでした。南国特有の黒目がちの

瞳が輝いていました。高速に乗って100キロ離れた水族館に

向かいました。レンタカーのプリウスのアクセルをベタ踏みすると

180キロ出ました。隣でかみさん何も言いませんでした。

水族館の駐車場にある車はほとんど「わナンバー」と「Yナンバー」

でした。「わナンバー」はレンタカーです。「Yナンバー」は米軍関係

です。割合は6:4ぐらいでYナンバーが多いです。YナンバーのYは

横須賀のYだそうです。中は賑やかな米軍の家族ばかりでした。

「ダディ、マミィー」子どもたちが走り回っています。

10分ぐらいで出てしまいました。

日本の陸軍は県別に編成されますが、沖縄県だけは無くて

他の県に割り振られました。信用されなかったのでしょう。

アメリカが沖縄周辺に集結を始めた時、対抗するために派遣されて

きたのは、山西省に展開していた部隊でした。山西省は石炭の鉱山が

沢山あったせいで、共産軍との戦いが熾烈を極めたところで、48年

ぐらいまで日本軍は闘っていました。沖縄の人にとってアメリカより

怖かったのは、山西省から来た部隊かも知れません。

父の部隊は福建省で米軍の上陸に備えていました。中国に

上がってこないで沖縄を捕りに行った。そのおかげで私は、

今ここに居ます。

上へ