images..."> images..."> images..."> images...">

東京自叙伝

2015 年 1 月 8 日 木曜日

正月前の四国行のフェリーの中で読み終えました。

あらから10日位経っちゃっているので強烈な読後感は

だいぶ収まってしまいましたが、それでも何か語らずには

いられない気持ちがあります。

歴史の大きな流れと時代の大きなうねり。大雑把な言い方に

なってしまいますが、帯にある様に「なるようにしかならない」

まるで般若心経だと思ったのです。東京という地霊が喋ると

いうのは東京という世間が起こす、欲望の総和の結実としての

事件なり破たんだと思います。

ですから「なるようにしかならない」

これにコントロールが入ってくるから余計にわけが判らない。

戦後ずっと日本は宙ぶらりんです。

コップを常にかき混ぜる人たちがいる。収斂の方向も定まらないので

致し方ないのも確か。

「なるようにしかならぬ」諦めと欲望全開で渡るしかない世間を

東京地霊と云っているのかと思います。

最後まで読んでこの語り口の妙が理解できます。

上へ