image..."> image..."> image..."> image...">

尾仲浩二 またたび 2

2014 年 10 月 28 日 火曜日

写真集  MATATABI-2    SHORT TRIP AGAIN

前回の「LUCKY CAT」もそうなのですが、どうしてこんなに

懐かしいのでしょうと聞いたことがあります。尾仲さんは単純に

同じような風景を見て来ただけでしょうと仰います。

確かに同じような道を歩いてきています。同じ福岡県が本籍ちで

小学2年生、3年生で生まれた町を離れて、父親が同じ鉄鋼業に

従事していた。尾仲さんのお父さんは新日鉄の正社員で、うちの

父はあんこを引き連れて全国の溶鉱炉を組み立てる派遣業の

親父でした。そんな親の元で同じような風景を見て、同じような

場末であきらめ切れない夢を温め続けていたようなのです。

高2の夏休みのアルバイトで身体中刺青だらけの鳶の人たちと

一緒に風呂に入っていたのは新日鉄の新しい君津工場で、

その3年後に尾仲さんはそこで働き始めます。

尾仲さんがせいだか泡立ち草というシリーズをずっと続けてきた

その草は、君津で水島で堺で広い敷地のそこここに見ていた

花なのでした。

懐かしいという感情だけに収まらないある場所にそれらの写真は、

連れて行ってくれる。やっぱりそれは、必死だったにしろ剥き出しの

感情がぶつかり合っていたにしろ、それを楽しんだり、面白がって

いる自分がいた場所なんだと思います。

尾仲浩二写真展 10月29日~11月2日

宮崎県立美術館県民ギャラリー2

上へ