images..."> images..."> images..."> images...">

幽霊の気配と心の弱さ

2014 年 7 月 29 日 火曜日

切り倒した樹に打ち込んで輪っかに縄を通して里まで引っ張ってくる道具。

溶接してある。

鉄人28号 こんなところで待機している。

下部温泉。  静かな鄙びた温泉宿。廊下を歩いても誰もいないかのように

しーんと静まり返っているのです。でも硝子戸の向こうにはちゃんとすりっぱが

一足づつ置かれています。古い襖は歪んで柱との間に隙間が出来ている

のですが、見事に気配が無いのです。でも外から見たら私も似たようなもの

かもしれません。ずっと一人で本を読んでいました。夜になってもオシムに

夢中で読み続けていたのですが、なんとなく気配がしてふとそちらに目を

やると布団を容れる扉が音もなくすっと5cmほど開いたのです。

「うわぉ!貞子か?」と30秒ぐらいその隙間をにらみ続けました。

ほんとに出て来たら私はどんな反応をするのだろうかという興味もあり少し

期待もしたのですが、ほんとに出るはずもなく、「チェッ」と強がりながらも胸を

なでおろしているのでした。風で開き戸が動いただけでしょう?

でも何かがいる気がします。イヤイヤ、何かがいるのではなくて、何かを抱え

込んだ人たちが泊りに来るところなのかもしれません。

私も何かを抱え込んでいるのでしょうか?

駐車場にはポルシェなんかが停まっているのです。

実は、登山準備をして雲取山に向かったのです。自分自身と足を追い込む

つもりで。もうかれこれ6年ぐらい山に登っていません。最後の甲武信に登った

ときに下りで膝を悪くしてみんなに迷惑をかけてしまい、それ以降なんとなく、

避けられるような感じもあり、私も仕事がどんどん忙しくなり、会社の中で一日中

椅子に座って口先と指先ばかりの体たらくで、足腰のほうは萎えに萎えきって

いるのです。たまたま、研修でかみさんが週末いないのをこれ幸いと己が原始の

野性を取り戻すべく勇んで出陣したのです。それが、それが、少し寝坊したの

です。高速の渋滞に嵌ったのです。奥多摩駅の駅前に200人以上の山姿を

見てしまったのです。時間は9時を過ぎてしまいました。もう日帰りは出来ま

せん。山小屋は1畳に3人態勢だな、今日は暑いな。

ラジオからは「熱くなるので熱中症に気を付けましょう」

なんとなく気持ちが逃げに入ってしまったところで、小袖乗り越しの駐車場を

見逃してしまったのです。車はどんどん山を登っていきます。10分も上がって

どこにもない、間違いなく通り過ぎてしまっている。通り過ぎていることが冷静に

考えて判っているのに車を止めない。どんどん前の車についていく。

判断停止の状態で惰性で車を走らせいる。

ハイ、しっかり弱さを抱変えこんでいるのですね。そしてそんな人たちが

集まってしまう宿というのはあるのですね。ツバメは今年、2回目の小づくり?

とか云っていましたが、1年に2回も子ども作るかな?と思います。

弱きは、群れ集い、妄想を生む。弱さそのものが判断を間違える。

上へ