images..."> images..."> images..."> images...">

ルー・リードとキャロライン

2013 年 10 月 29 日 火曜日

アンディ・ウォーホルのプロデュース。 名盤です。

「The velvet underground & NICO」

こちらも名盤。メロディアスで詩もマイルドですがパンクロックです。

今年の夏にキャロライン・ケネディが駐日大使として日本にやってくると

聞いたとき、このベルリンの中の「CAROLINE SAYS」を聴いて日本語訳を

調べてみたのです。でも、この94年のCDにはオープニングのモンローが歌う

ハッピーバースデイは削除されていました。ほんとに10年ぶりに聴きました。

今は持っていないのですが、アナログ盤には、マリリン・モンローが

ケネディの誕生日にステージで歌う声が入っています。

「ハッピーバースデイトウユーハッピーバースデイ ディア プレジデント」

倒錯とデカダンスのイメージでベルリンと云うタイトルを付けているけど

これは、アメリカを歌った歌ですね。 ひどい奴だ。 ケネディの娘が

キャロラインという名前だとは知らなかった。 ひどい奴だ。

ルー・リードが死んだ。  ひどい奴だった。 でもこれら2枚は、名盤です。

上へ