images..."> images..."> images..."> images...">

LOVE INDIA 2013

2013 年 10 月 20 日 日曜日

会場:すみだパークギャラリーささや 「LOVE INDIA 2013」

シェフ合作、16人のインドカレー店の有名シェフがそれぞれの自慢料理を2枚の

トレーに盛り付け。いろんな味を楽しみながら、カレーにまつわる蘊蓄を披露。

「ラムコフタ」中村屋 「ジャーキーチキンパニ」アンジュナ

「ホタテ・モイリー」ケララの風Ⅱ 「トマトとキャベツ、根菜類のカレー」シバ

「枝豆カレー」カッチャルパッチャル 「カレーリーフライス」デリー

「ポークカレー」ムーナ 「ホワイトチキンカレー」スパイスカフェ

「プローンバルチャオ」シバカリーワラ 「コロンブー」シタール

「ムング・ダール・サンバル」サザンスパイス 「サフランライス」デリー

「レバーのピクルス」タンドール 「フルーツパイヤッサム」ナイルレストラン

「豚のテールとひよこ豆のカレー」ヘンドリクス 「ラッサム」葉菜

小笠原流作法では、箸の先は、2センチしか汚してはいけないそうです。

大抵3センチから4センチ汚してしまい、守れたことなどはありません。

その中でも特に我を忘れて夢中になってしまい、食後に少し落ち込むのが

カレーうどんで、大体箸の半分以上が汚れています。それほどにカレーが

好きでいろいろ詳しいか言えば、肉と野菜をいためてSBカレーのルーを

割りいれて二日も三日も食べ続ける程度のカレー好きです。

去年のLOVE INDIA 2012はチケットが手に入らなくて当日、何が何でも

という気持ちで、千葉 検見川のシタールまで行ってチキンカレーを食し

ました。家で作るカレーに比べればスパイスがよく利いてなるほど美味しい

ものではありました。しかし飛び向けて天地がひっくり返るほどの感動は

ありませんでした。(シタールさんごめんね)今回の味は、かみさんと交換

しながら全部で14種類の味を堪能しましたが、はっきり言って天地が

ひっくり返りました。基本的にカレーとはスパイスを食べる料理だった

のですね。さまざまな香りが口中に広がり不思議なハーモニーを

奏でます。あまり余計なごってリした旨味成分は押さえられているので、

なるほどこれなら、毎日食べれます。私がカレーだと思っていたのは

洋食のカレーライスだったのですね。インドの本場カレー料理は、日本の

カレーとは、別物でした。

上へ