images..."> images..."> images..."> images...">

マルチスクリーニング

2013 年 5 月 31 日 金曜日

マルチスクリーニングとは、同一版面上で複数種のスクリーニングを

配置することを云います。通常は、モアレを防いで中間調の滑らかな

表現と彩度を上げられるFMスクリーンと平網の安定した印刷を表現で

きるAMスクリーンを混在させる、ハイブリッドスクリーニングが一般的

です。

AM,FMそれぞれに長所と短所があります。AMは網点が規則正しく

ならんで網点の大小で色の濃淡を表現しているので、安定した印刷が

出来ます。でもグラデーションの調子が一定では無かったり、モアレが

発生したりすることがあります。FMは金属など鮮やかさを強調する

印刷物などにとても向いております。また、明るい自然の印刷物に

とても向いております。しかし、薄い背景色や平網などが大きな面積を

占める印刷物では、時々薄い白い線などが出てしまい、どうしても解消

できないことが多々ありました。

このハイブリッドスクリーニングは、FM20μとAM250線または、AM

300線で行うのが一般的です。

今回印刷させて頂いたポスターのお仕事でとても面白いパターンが

ございました。カラー印刷なのですが全体はモノトーンです。商品だけ

カラーです。でもあまり色が無い商品ですので、全体はモノトーンに

見えます。全体の写真を100線のAMで、下の小さな商品は175線

のAMです。カラーで100線という粗い線数を使ったことが無かったの

ですが、モノトーン表現でハイコントラストで100線という組み合わせは

なかなかインパクトのある表現になっております。

紙や画像などでチープでインパクトある質感というのは、今皆さんが

目指しておられる方向とは思いますが、スクリーニングでの調整という

のもとても面白い試みだとおもいました。

それから、今回ご指定の中越パルプ「スマッシュ」という用紙がとても

雰囲気が良かった。嵩高の微塗工紙なのですが、なぜかとても

グロス感が出ているのです。

上へ