images..."> images..."> images..."> images...">

ブライトネスとコントラスト

2013 年 5 月 22 日 水曜日

パソコンのモニターの明るさ調整は出荷時に一番明るい設定で

出荷されています。これで写真を見ると結構明るく見えます。

でも実際の写真はほとんど暗く、墨を15%から20%落とした方が

良いものがほとんどです。モニターの明るさ調整を最初から50%から

60%に設定しておくと、写真が暗いから明るくせねばとなるまいと

なるように思います。写真を全体に明るくすると少し締まらない感じ

になります。コントラストを上げる必要がございます。

通常出荷時のモニターのコントラストの設定は50%になっている

と思います。こちらも普段見るものとして40%ぐらいに落としてしまいます。

このような設定の下で写真を見ると暗いので明るくしたり、コントラストを

上げたり、シャープネスをかけたりする必要に迫られることになると思います。

ほとんどに写真が暗いのは、モニターの設定に問題があるのでは

ないかと考えました。

最近買った松江泰治さんの「jp0205」青森県と秋田県の

空撮写真。とても良くピントが合っています。実際の土地より

幸せの舞台のようなユートピアに見えてしまう。ここまでシャープで

立体的に撮るためにはどんなカメラが必要なのでしょう。

でも印刷屋の目で見たら画像補正を目いっぱいかけている。

生まれて初めて飛行機に乗ったのが、25歳ぐらいの時で

山形空港から羽田までの便でした。窓際で陸地側でした。

今から考えたら、ちょうど津波にあった海岸線を瞬きもしないで

見ていたのです。こんなにも美しいところでわれわれの生は

紡がれているのだな、でもなんてちっぽけなんだろと感動して

みていました。飛行機に乗って地上を心底感動しながら見て

いたのはそれが最初で最後でその後、私は飛行機が怖いという

ことが判明して、あまり飛行機に乗りませんし載る機会があっても

海ばかり見える航路だったりします。

あの時見た、仙台から福島、茨城、千葉の海岸線は、私の記憶の

宝物です。

上へ