図鑑です。名ざせない植物、との距りの。季刊誌です。その名を知るまでのひとときの季節の。目ざましいものではなくてかすかなものを、他をしのぐものではなくて他がこぼすものを、 あらしめるもの、またあらしめようと目ざすこころみです。 __『微花とは』

という言葉をかかげて、2015年4月23日、微花は初め、季刊の植物図鑑として創刊されました。それから四季六冊を刊行したあと " 別様の雑誌を作るため" として休刊した微花は、そのときには思い及ばなかった様々な出来事から、2019年4月23日、雑誌から、写真絵本へと生まれ変わります。
ここで、私にとっての絵本、あるいは"絵本的"なものとは、つぎのようなものでした。
「この複雑な世界において、単純であることはときに難しい。ということを引き受けて、なおもこの世界において単純であること」
そうして、この意味でみたとき、微花もまた絵本なのでした。その絵本性をよりたしかに、幾代の永い時へと読み継がれるよう装幀をあらため、ここに、あるべきかたちをとることができたと思っています。

販売
kasukamagazine.stores.jp
_______________________________________________

サイズ
W195×H257mm
頁数
40頁

印刷
オフセット印刷(200LCTP)
表紙
サガンGAスノーホワイト(100kg) : カラー4c/0c
本文
b7バルギー(90.5kg) : カラー4c/4c
見返し
NTスフール スノーホワイト(100kg): カラー4c/4c
加工
表紙マットニス加工
製本
上製本(角背) 本文かがり綴じ(白)
_______________________________________________